home 取扱商品 新商品情報 展示会案内 会社案内 お知らせ カタログ請求
研磨・表面処理 彫金・彫刻 宝石研磨 ヤスリ その他作業工具 測定・鑑定工具
ロー付け・溶解 ワックス・鋳造 地金・ロー材 包装・ケース 中古商品 最新設備機器

サイトマップお問い合わせ

Sam Alfano

ミュージシャン・フォトグラファー・グラフィックアーティスト・Mensaのメンバーであり、またGRS社の彫刻インストラクター。
現在は、香港・スイス・イタリア・日本・アメリカ等、ワールドワイドな規模で彫刻やダイヤモンドのセッティング技術のデモンストレーションをしている。

Sam's Products

Samの作品群をご覧下さい。[右図]
その確かな技術は、グレーバーマックスのデモンストレーションの信頼性を更に高める事になるでしょう。

■グレーバーマックス本体と各種ハンドピース

Sam Alfano Profile

サム・アルファノが彫刻を始めたのは、70年代前半にメールオーダーカタログで工具を購入したのがきっかけでした。
彼はそれから数年、彫刻に時間を費やしましたが、1979年まではあまり本格的ではありませんでした。というのも、彼の出会った彫刻家たちは、その知識やテクニックを教えたがらなかったため上達するのに時間がかかったからです。

1982年、ニューオリンズ アーム社で名高いStanley Diefenthal氏は彼の個人的なコレクションのガン(鉄砲)に彫刻をさせるためにサムを雇いました。
Diefenthal氏は長年彫刻家として働いていたMckenzie氏をサムの指導役とし、ここで初めてサムはプロの指導を受ける機会を与えられたのです。しかもそれは言うまでもなく世界的に偉大な彫刻家による指導でありました。

1984年、サムは偉大なFirmo Fracassi氏から紙幣やballnoの彫刻技術を学ぶためイタリアのBresciaに行きました。美しい写真的な情景をほどこすFracassi氏の彫刻技術はBresciaの人々以外にはあまり知られていませんでしたが、サムはこの芸術スタイルを取得しました。サムはDefenthal氏が亡くなる1989年までニューオリンズ アーム社で働きました。

サムはフリーになるとハンドメイドのナイフの彫刻に専念しました。当時、オーダーでナイフに彫刻をほどこす彫刻家はあまりいませんでした。
サムはその後もナイフの彫刻を続け、多くの国でコレクターを満足させ、素晴らしい作品を生み出しています。彼の複雑で細かいデザインは話題を呼び、世界中の本や雑誌で取り上げられています。

このページTOP▲

問い合わせ先

SUZUHO本社営業本部:info@suzuho.com
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-14-34プラスワンビル2F
電話:03-6859-0085 FAX:03-6859-0086

SUZUHO山梨営業部
〒400-0822 山梨県甲府市里吉1-7-16
電話:055-228-5538 FAX:055-228-5539

SUZUHO東京営業所(最新機器展示ショールーム併設)
〒110-0015 東京都台東区東上野1-25-3
電話:03-6803-2080 FAX:03-6803-2081

受付時間:平日[月〜金]10:00より18:00まで
※受付時間以外のFAX/MAILは翌営業日のご返信となります。

ネットストア

ネットストア・SUZUHOツールズでは、ジュエリー制作に関する商品を広く取り揃えております。
趣味として楽しむ個人向けからプロユース商品までWEB価格にて販売しております。

その他、商品ご注文方法

営業時間内、お電話、FAX、Eメールにても各種ご注文を承っております。
最新機器に関するお問い合わせは随時承っております。SUZUHO本社、また、東京営業所まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

SUZUHOメールマガジン登録

SUZUHOのお得な最新情報、ネットストアSUZUHOツールズのお買い得情報を一足早くお知らせします。